本文へ移動

故障修理・整備

バイク故障修理・整備

ほぼ毎日のように修理・整備をしている「バイクの熟練職人」が対応するため、より丁寧で質の高い仕上がりをご提案できます。

修理と同時に点検を依頼できるのも、当社を利用するメリットの一つです。
細かい部分までチェックすることで、自分では気付かなかった不備を見つけることもよくあります。

その場で不備が見つかれば、一緒に修理できるため後々の手間も省けます。
不備がなかったとしても、点検を受けておけば、安心して走行できるのではないでしょうか。

ただし、修理に必要な部品をすべて「純正品で対応してもらいたい」というご要望はお受けできない場合も多いです。
各メーカーの純正部品をそろえていない場合は、該当する部品を通して取り寄せる時間が発生します。

できるだけ修理を早く終わらせてほしい方は、事前にお問い合わせ頂けますと幸いです。
 
当社の整備工場・取り付けブースは必要な設備や機材を十分に備えており、日々更新しています。
また、経験豊富なスタッフがおり、あらゆるパーツの取り付けに対応できるのが自慢です。
KAWASAKIバイクの修理等で困っている方は一度ご来店して下さい過去50年の経験何でもご相談させてください。

パーツ取り付け

当社ではパーツの取り付けも得意としています。我々からお求めいただいたパーツのみならず、お客さまが入手されたパーツをお持ち込みいただくことも大歓迎です。
 
高い技術を誇るスタッフが確実に取り付け作業を行うことが可能です。ただしバイクに適合していないなど、種類によっては取り付けできないパーツもあるので、お断りする場合もあります。そのときは事前に説明をいたしますので、まずは気軽にお持ち込みください。
 
機種や内容によって作業工賃が違いますので、事前に詳しく見させていただききちんと説明します。 仕上がりがどのようになるのかは多くのお客さまにとって気になるところです。できるだけ具体的なイメージができるよう、事前の説明に努めます。
 
当社の整備工場・取り付けブースは必要な設備や機材を十分に備えており、日々更新しています。また、経験豊富なスタッフが多く、あらゆるパーツの取り付けに対応できるのが自慢です。

イメージ

カワサキ Z1300-6 fi ガスモデル レストア [ZG1300] 初期型から4年後の1983年、キャブレターに代わってDFI=デジタルフューエルインジェクションを搭載したZG1300Aが登場した。圧縮比は9.9から9.3に下げられ、カムシャフトも変更された。このDFIを搭載することで燃費が向上し、平均で約1kmの燃費向上となった。パワーは10psアップの130psとなった。まさにモンスターの進化形である。ZGはヨーロッパで人気を博し、A1から1989年のA5まで6年近く販売された。
アピールポイント】

昨年参加しましたが、古いサイドカーが一台も無かったのでエントリー。当時のBMWでのハイエンドモデルOHVボクサーエンジンのR100よりも静かで振動も少なくライダーへの負担を軽減している事で、実用向きの一面もあるBMWらしさがあると思っています。タイリクセイスポーツスポーツのカーをセットし国内にてサイドカー登録され、後にフロント・テレスコピックフォークからオーダーメイドのアールズフォークにコンバート等、数々のカスタマイズがされています

この豪華なカワサキH2国内モデルのように、あなたのバイクをレストアするお手伝いをします。
カワサキ500ssエンジンオーバーホール

エンジンリビルト」「エンジンレストア」「エンジンオーバーホール」いずれの場合も、その目的は同じです。古くなった部品をすべて新品に交換するのです。ガスケットからピストンリングに至るまで、古いエンジンの部品はすべて新品に交換しなければならない。ガスケット、ピストンリング、シリンダーもすべて交換する。うまくいけば、見た目も走りも工場出荷時と同じ、新品のエンジンができあがる。
KAWASAKI 500S ミッションオーバーホール

- エンジンにテストパネルを接続し、発電機の出力、点火時期、その他のエンジン性能の指標を測定する。
- サブアッセンブリーユニットを分解し、部品の状態、動き、アライメントを目視またはゲージを使用して検査する。
- エンジンを解体し、マグネト、キャブレター、ジェネレーターなどの欠陥部品を修理または交換する。
ビモータ KB3 1000

感情を極端に刺激するモーターサイクル。好きか嫌いか、どちらかです。値段が高くて物足りないというのなら、市販のオートバイと同じように乗ってみればいい。おそらく、あなたが買うことのできるマシンの中で、もっとも乗り心地の悪いものだろう。サスペンションは張り詰めた感じだし、クリップオンバーは振動でぶれるし、体重の大部分は腕にかかるし、36インチの足は20インチのスペースに詰め込まれるし、シートのクッションはペンキを塗り重ねた程度のものだ。ビモータは、日本の現代的なバイクと比較すると、コンクリートの枕のような座り心地だ。KB3の魅力に取り憑かれるには、狂気と実力を併せ持つことが必要だ。KB3は、余計なものを一切排除し、ビモータのデザイン目標を達成するために必要なものだけを搭載した、単一目的の機能を何よりも尊ぶイタリアの思想家から生まれました。その意図は明快で、純粋な自由なスピードは、稀有な組み合わせを持つ者にとって、何ものにも代えがたいものです。

KB3はまさに、ライトとサイドスタンドを備えたグランプリバイクだ。高速のスイープロードやサーキットでは、本格的なGPマシンでなくてもビモータに迫るものがある。3月号で乗ったホンダRS500 GPロードレーサーのように、最高の専門性を要求し、それに応えてくれる。市販のバイクは、それに比べると怠慢な感じがする。量産車と同世代のバイクと比較した場合。

KB3は、黒色火薬のマスケット銃の戦場におけるウジ銃である。KB3は、その設計通りの乗り方をする資格と、莫大な資金がない限り、あなたのためのバイクではない。というのも、もし乗りこなせなかったとしても、少なくとも快適に乗り回すことはできるからだ。ビモータで街を走るのは大変なことだが、その分、この上ない感動を与えてくれる。セカンドカーが8万5千ドル、髪が紫色のローラースケートをするハリウッドでさえ、ビモータを見ると頭がクラクラする。バイクのことをまったく知らない人たちが、ロールスロイスやメルセデス、ランボルギーニなどの車内から、その姿をじっと見つめる。
川崎重工 w1s 浸透防止修理

パーコレーションとは、エンジンが高温になり、燃料が給油口に届く前に沸騰してしまい、気泡が発生し、燃料の供給不良でエンジンが止まってしまうことです。

燃料の代わりに泡(空気)が入ってくるので、瞬間的にガス欠になります。

このようなことが起きないように、バイクのコンディションを整えるお手伝いをさせていただいています。

ビモータdb1sr各種P-A-T交換

クロスカット(またはクロスハッチ)粘着ブレードをお使いのお客様の中には、すべての歯がコーティングを均一にカットすることができないという問題をお持ちの方がいらっしゃいます。弊社の経験上、切削ムラはパネルのゆがみが原因であることがほとんどです。クロスカットのブレードを使用する場合、スクラッチするパネルを平らで硬いテーブルまたは表面で支えることが重要です。さらに、ブレードがコーティングを完全に切断するために十分な力を使う必要があります。多くの場合、このような状況は避けられません。パネルが十分に支持されていない場合、さらに圧力をかけると、単にパネルが曲がってしまいます。
Ducati 851SP2 レストア

私たちのクラシックモーターサイクルへの愛情は、これらの素晴らしいマシンを蘇らせるレストアラーに依存しているところが多々あります。クラシックモーターサイクルの人気が高まるにつれ、より多くの「納屋で見つけた」モーターサイクルがレストアされることになります。また、チョップされたり、ボブにされたり、レースに出たり、カスタマイズされたりして、オリジナルの状態に戻されるものもあります。また、修理して再び乗れるようにする必要があるものもあります。今日のクラシックモーターサイクルオークションは、そのようなバイクでいっぱいです。そして、それらは見て美しく、あなた自身のレストアのための参考資料として勉強することができます。

1980年式 カワサキ KZ1000 アメリカ輸入車

ツーリングシャフトが今年の目玉 先月の「ツールドフォース」特集で、良いツーリングバイクのガイドラインを作成した際、ある明らかな要素が抜け落ちていました。それは、ツーリングが主目的の高性能バイクは、チェーンドライブであるべきだということです。

チェーンに比べてシャフトは重く、ドライブトレインに生じるわずかなパワーロスも、本格的なツーリングライダーには関係ないのです。そこで、防弾仕様として定評のあるエンジンをベースに、サイクルパーツを一新し、チェーンドライブを採用することにしたのです。パワープラントはMkllと同じだが、それ以外の部分は微妙に異なる。

フロントフォークのスタンションは、Mkllの36mmチューブから40mmチューブに変更され、リーディングアクスルになっている。リアサスペンションも、よりソフトなスプリングと改良されたダンピングで構成されている。この組み合わせは、快適な乗り心地を実現しながらも、スクラッチを助長するようなことはない。フレームにもこだわりがある。ステアリングヘッドはダウンチューブ後方のプレートで補強され、鋳鉄製のプレートがスイングアームピボットの間を強化しています。エアボックスは他のモデルより2リットル大きく、吸気音がカットされ、サイドパネルやフレーム形状もMkllとは異なっています。
カワサキW650車両

W650は、カワサキの最も新しいデザインの1つである。1999年に発売されたこのモデルは、1960年代に製造されたカワサキWIのレトロスタイルを踏襲している。空冷パラレルツインエンジンは、丸みを帯びたケースとフィンで30年前のスタイルを再現し、オーバーヘッドカムの作動にはベベルドライブシャフトを採用した。また、他の部分も往時を彷彿とさせる。燃料タンクにはラバー製のニーパッドが装着され、低く構えたサイレンサーはクラシックなピーシューターデザイン。しかし、W650は現代的なコンポーネントをまったく備えていないわけではありません。エンジンは電動スタートで、フロントディスクブレーキは最新型。
カワサキ・エストレヤのパーツ交換

オートバイのアフターマーケット・パーツは、オートバイ業界にとって不可欠なものであり、オートバイの所有者や販売者であれば、それが何であるかを理解することは重要なことです。アフターマーケットパーツ市場は、オートバイのカスタマイズに使用できる幅広い製品で構成されています。

バイクのアフターマーケットパーツビジネスを一から開発するという選択は、エキサイティングであり、高い利益を生む可能性があります
VZ2000 タイヤ交換サービスは面倒くさい

自動車用タイヤとバイク用タイヤの一番の違いは、ゴムの配合です。バイク用タイヤは複数のコンパウンドを持ち、高速道路走行用に中央部を硬く、コーナリング用に端部を軟らかくしたものです。この設計により、リーン走行時のグリップ力を最大限に高めています。自動車用タイヤはコンパウンドが1種類しかなく、サイドウォールの硬さや寄りかかった時の力に対応するようには設計されていません。バイク用タイヤと自動車用タイヤの違いを理解するために、まずこれらの部品がバイクにとってどのような役割を果たしているかを見てみましょう。
カワサキ Z750 純正マフラー交換

Exhaust Muffler Original OEMは排気システムの一部であり、排気ガスだけでなく、放出される音にも関与しています。音はバイクの種類によって表現方法が異なりますが、共通しているのは「音」です。排気マフラーは、その音を許容できるレベルまで消音する。ダンパーがなければ、音はデシベル制限を超える可能性がある。エキゾーストマフラーはバイクの目立つ部分であり、バイクのタイプに合わせて様々な形や材質のものがあります。また、ヒートシールドを装着することも可能です。オリジナルのマフラーからアフターマーケットのマフラーに交換したい場合は、Exhaust Muffler Performanceをご覧ください。
ホンダ・ジェイドのエンジン不調修理

バイクのエンジンの適切なオーバーホールは長い間続き、燃費、寿命、馬力とトルク、バイクの音、全体的なパフォーマンスの向上に役立ち、排出ガスを削減する、などです。バイクのエンジン修理には様々な種類があり、一般的には部品交換、アップグレード、細部の仕上げなどのサービスから構成されています。お客様のバイクの問題点に応じて、メカニックはハーフエンジン修理かフルエンジン修理のいずれかを提案します。

ハーフエンジン修理とは?

ハーフエンジン修理とは、エンジンを取り外して分解し、エンジンブロック、クランクシャフト、ピストンリング、コンロッド、ベアリングの点検・交換、ガスケットやオイルシールの交換を行うエンジン再生修理の一種です。この手順の最後に、バイクの状態をテストする最終検査が行われ、再組み立てが行われます。
カワサキNinja 1000sxのタイヤ交換

バイクに装着されているタイヤは、あなたと道路をつなぐ唯一の存在です。タイヤの正しい定期的なメンテナンスは欠かせません。しかし、タイヤはいつ交換する必要があるかご存知でしょうか?ここでは、バイクのタイヤ交換の頻度について説明します。

タイヤは、耐久性、組成、寿命が異なります。これらの違いから、定期的に摩耗の兆候を確認し、交換のタイミングを見極める必要があります。
バルカン800 車検・整備

日常的に必要なバイクの点検・整備を行います。特に週末にロングライドを計画されている方は、バイクの安全性を十分に確認することができます。
GPZ 550カワサキレストア

古典的な日本のオートバイのための徹底したオートバイ修復サービスを提供します。元の仕様に再構築するか、モーターサイクルのカスタマイズ、パフォーマンス、乗り心地の向上を組み込みます。私たちの専門家チームを信頼して、バイクの細部をすべて調べて、バイクを安全に走らせて、すぐに道路に戻ることができます。
GPZ550 完全復元

オートバイの完全なレストアを提供しています。 私たちのベルトの下にはかなりの数の完全な修復があり、修復に手を抜くことはなく、内部のエンジン部品から塗装作業まですべてが修復または交換されています. 私たちの仕事の例がそれ自体を物語るようにします。 お見積り・日程調整はお電話でお願い致します。
GPZ1100 1983 レストア

1983年以前の日本製オートバイのビンテージレストアしています。 すべての作業は丁寧に手作りされています。 メカニックとしてのキャリア経験は、ユニークなデザインの専門知識と、ヴィンテージの彼のバイクとその歴史に関する幅広い知識をもたらします。 サービスには、エンジンの再構築、カスタムの金属加工、タンクの改造、カスタムのパーツとアクセサリー、完全な歴史的修復が含まれます。 私たちの仕事には、モーターサイクル スポーツの歴史に対する卓越性と敬意へのコミットメントが伴います。

アプリリアRS250修理

キャブレターオーバーホール
メインキー修理
チャンバーの溶接
点検全般

W3修理

シフトチェンジが硬かったため、ミッションのオーバーホールを実施しました。
各箇所からのオイル漏れ修理。
DUCATI851SP2オーバーホール完成しました!
GPz1100オーバーホール完成しました!
BMW R100RS 電装品 修理中。
'83 BMW R100RS  シリンダーオーバーホール。
’05 TRIUMPH 125,000㎞走行車
エンジンオーバーホール
ZEPHYR750 183,000km走行
エンジンオーバーホール
エリミネーター750 サイドカー
車検&修理
Benelli 750sei 入荷しました!!
点検整備一式作業中。
日本には正規輸入されていないバイクです。
ForSALL
程度 上
走行 15,000km
W3 エンジンオーバーホール

NINJA400 クラッチオーバーホール
Z1-R 電装修理
500SS エンジンオーバーホール
TOPへ戻る